※ビジュアルプログラミングを行うには、予めマインクラフトWindows10版のインストールが必要です

マインクラフトとCode Connectionの接続方法

Code Connection(コードコネクション)のインストール

Google等で「マインクラフト コードコネクション」で検索します。
検索結果の中から「Code Connection for Minecraft を入手 – Microsoft Store ja-JP」というリンクをクリックします。

コードコネクションのダウンロード1

 

下記のようなMicrosoft Storeのページが開きますので、「入手」ボタンを押し、ダウンロードが完了したら「インストール」ボタンを押します。

コードコネクションのダウンロード2

 

Code Connection(コードコネクション)の起動&接続

インストール完了後、コードコネクションを起動すると下記のような画面が現れます。右の方にあるボタンを押すことで、表示されているコマンドがクリップボードにコピーされます。

コードコネクションの起動画面

 

マインクラフトWindows10版を起動し、コードコネクションを使いたいマップに入ります。

チャットコマンド画面にコードをコピー

↑マップに入ったらエンターキーを押してチャットコマンド画面を出し、Ctrl + Vキー を押して先程のコマンドを貼り付けます。貼り付けましたらエンターキーで送信します。

 

次に、キーボードのescキーで一旦、マインクラフトの画面からコードコネクションの画面に移動します。

 

コードコネクションを開いて下記のような画面が表示されていれば成功です。使用するエディターの中からMakeCodeを選択します。

使用するエディターの選択

 

プロジェクトの作成を行う

下記のような画面が開いたら、「新しいプロジェクト」を選択します。
※今後はこの「マイプロジェクト」に、作ったプログラムが自動的に保存されていきます。

プロジェクトの作成画面

※チュートリアルも沢山あるので、面白そうなものを選択して遊んでみよう!

 

下記のような画面が出たら成功です。下記の例のようにエージェントを呼び寄せるプログラミングをしてみよう!

左側の「エージェント」のメニューの中から「エージェントを自分の位置にもどす」を選択します。

次に、「チャットコマンド”(ここは好きな文字に変更してね)”を入力した時」の中に、先程のブロックを移動します。

 

ここまでできたら、マインクラフトの画面に戻ります。

エンターを押してチャット画面を出したら、先程、”(ここは好きな文字に変更してね)”のところに入力した文字を入力して(今回はcomeと入力しました)エンターを押してみてください。

コマンドの入力

※この時、先頭に / (スラッシュ)は不要です

 

エージェント君がすぐ近くに移動してきたら成功!

エージェント君が自分の元へ

 

チュートリアルには楽しい仕掛けをつくるものもあるので、ぜひチャレンジしてみてね!