マイクラでオリジナルゲームの開発を子供たちが企画

今日は土曜日のチャレンジクラスの授業の様子をご紹介します。

マイクラでどんなゲームを作るか話し合い
どんなゲームを作るかを話し合い

チャレンジクラスでは、「チームで1つのゲームを開発する」という活動を行っています。

ゼロからゲームを企画して作るのは大変ではありますが、マインクラフト上でゲームが開発できるのでみんな楽しく、ルールを考えたりしています。

ホワイトボードにルールを書いていく
壁のホワイトボードにみんなの意見をまとめる

この日は小学5年生の子がリーダーになり、小学2年生、3年生、4年生、5年生からなるチームになりました。

最年長の5年生の男の子がリーダーになり、みんなの意見の取りまとめ役を行ってくれました。

最終的には先生とも話し合い、どういうゲームにしていくかを決定していきます。

いきなり全部のルールを決めるわけではなく、今日はゲームの基本となる土台ルールを決めました。

  1. ゲームのクリア条件は「全員が脱出ポイントまで行くこと」
  2. ゲームの失敗条件は「全員が牢屋(ろうや)にいくこと(死んだら牢屋にワープ)」
  3. 時間制限(10分)もあり、時間内にクリアできなくても失敗
  4. 「脱出ポイント」に行くまでに敵MOB(ゾンビとか)がプレーヤーを倒しに来る
  5. マップのどこかにある「鍵」を入手することで脱出ができるようになる

このような土台ルールが決まりました!

ポイントは「1人が車の鍵を開ける→全員が乗る→脱出!」のところですね。

全員が車に乗ることで脱出成功とするか、他のプレーヤーを置いてけぼりにしてもOKにするか!今後、てテストプレイをしながら決めていくことにしました。

共同で作った100×100のマップ
建築中のマップ(100ブロック×100ブロック)

土台ルールが決まったら、早速、みんなでマップ作りを始めます。

今回は6人チームという比較的多い人数なので、マップの広さを100×100で作成することにしました。

お城をイメージしたマップで、お城の中心からスタート、お城の外に全員で脱出できたらクリアというのが基本ルールです。

脱出口の車と草花の雰囲気がいい感じ
脱出ポイント

脱出ポイントの車と木々がいい感じですね!!

完成が楽しみです。